部屋

専門家がいるから安心|松井産業なら品質の良い家が建てられる

広告を積極的に見ること

男の人

大阪市と京都市を結ぶ京阪沿線は、両市のベッドタウンとして発展してきた市をいくつか含みます。子育て世帯に配慮した分譲住宅が積極的に開発され、人気を集めています。なお、戸建て住宅を狙う場合には、ネットや情報誌を活用するでしょうが、新築と中古の区別、料金の表示方法、所要時間の定義など把握しておきましょう。

快適な環境の作り方

家

一戸建てを建てる際は湿気対策が欠かせません。特に庭は見落としがちですから注意しましょう。また住まいは生活の「動線」を意識して造る必要があります。茨木で一戸建てを建てる時は間取りを良く考慮することが大切です。

賢いリフォーム

室内

岸和田市には古くから戸建てを建てて住んでいる人も多く、リフォームや建て替えを検討している人が数多くいます。親から受け継いだ家を建て替えせずにリフォームするプランや、高齢者のためのリフォームプランが人気で、将来を考えてさまざまなプランの中から検討することが大切です。

家づくりの専門家

つみき

省エネ住宅を提案

松井産業では、家づくりに設計・営業・現場監督・大工棟梁などが携わり、施工トラブル0が評価されています。地鎮祭後には、近隣への挨拶まわりも行い、図面上でのプランニングのみだったのが、現場で施工確認も含めた話し合いが増えるため、スケジュール管理にも余裕を持たせてくれます。松井産業の新築は、特に地元で評価されており、高性能で高品質な省エネ住宅が主流となる中、ZEH基準にゼロセッチ・デザイン性・リーズナブルなど、感動のある満足度が意識されています。新築一戸建ては、個人にとってコストがネックとなり、高性能・高品質を求めたくとも妥協することも多々挙げられています。松井産業ではローコストも提案でき、加えてデザインセンスまで追求するなどで評価されています。もちろん、土地から探す場合にも長年にわたる人脈から、付加価値が付いた土地を探すため、マイホーム計画に期待がもてます。

様々な問題解決

個人にとって資産となる不動産ですが、予算オーバーをしない住まいづくりも検討されています。毎月、家賃並みの支払いで家が建てられ、標準装備の技術と最先端の技術を組み合わせても経済的にゆとりを生む家を建てるなど、松井産業が携わる家づくりのウリの1つです。また不動産では中古物件のリニューアルや買取・再販などが行われていますが、松井産業では空き家問題に関しても相談に応じてくれます。個人の資産の有効活用、また既存する建物を守るなど、プロの目で住宅のインスペクションを行うことも評価され、利用したいテクニックです。新築・中古の施工に関しても、仮想現実を取り入れ、更地となる土地に建つ住まいを疑似体験できる機能的な見学が着工前に提案されています。図面上やCGでは実際の敷地でのイメージが掴めないものの、リアルなイメージが敷地内で体験できます。