広告を積極的に見ること|専門家がいるから安心|松井産業なら品質の良い家が建てられる
一軒家

専門家がいるから安心|松井産業なら品質の良い家が建てられる

広告を積極的に見ること

男の人

子育て世代のための住宅

企業が集結する大阪市や京都市に通勤する方は多く、配偶者や子どもを抱える方の中には、京阪沿線に戸建て住宅を持ちたいと考える方もいます。中でも、分譲戸建て住宅は人気で、その理由は、周囲に同世代の家族が住むケースが多く、子どもに友人ができやすいメリットがあるからです。また、分譲戸建て住宅では、公園などの子どもが遊ぶスペースにも配慮されているため、子育て世代にとって最適な住環境と言えるのです。なお、京阪沿線は、ベッドタウンとして発展してきた守口市や寝屋川市、枚方市などを含み、いまなお分譲住宅の開発が積極的に進められています。

広告の見る時の注意点

京阪沿線で戸建て住宅を購入する際、基本的にはインターネットや情報誌による広告を活用することになるでしょう。そこで、広告を見る時にいくつかのポイントを確認しておく必要があります。まず、物件には新築物件と中古物件があり、建売住宅を購入する場合にはこの両方のケースが考えられます。不動産業界において、「新築」の定義は建築終了後から1年未満の期間であること、なおかつ、誰も入居したことがない状態を意味します。そして、それ以外の物件は全て中古となり、入居歴がある場合や建築後1年経過している物件は全てこれに該当します。つまり、中古物件の中にも限りなく新築に近いものもあり、割引率が大きくなるケースも見られます。また、価格は消費税込で表示されていること、駅などへの所要時間は信号の待ち時間などが考慮されていないことは、是非とも知っておきましょう。インターネットや住宅情報誌には、広告の見方についてより詳しく書かれているケースが多々あります。不動産広告のルールをしっかり把握したうえで、できるだけ多くの物件を京阪沿線でチェックしましょう。